2016年12月

2016/12/19
LHN JEWELRY

LHN JEWELRY

img_4301

 

img_4283

 

img_4289

 

img_4269

 

img_4273

 

img_4196

 

img_4248

 

img_4251

 

img_4256

 

img_4226

 

img_4329

 

img_4314

 

 

 

新しくお取り扱いするニューヨーク、ブルックリン発のLHN JEWELRY。

 

イギリス出身のデザイナーLewis Williamsがブルックリンにてハンドメイドで手掛けるジュエリーブランドです。学生時代からジュエリーの基礎知識を学び、名立たるジュエリーブランドでの修業を経て2006年にスタートさせたまだまだ新しいブランドです。中世ヨーロッパや歴史的工芸品等、クラシカルなスタイルをベースに、アンティークのタトゥーやメキシカンカルチャー等のアウトローを融合させたオールドスクールな作り方を得意としています。加工、裁断、彫刻、装飾や磨きに至る全ての工程をハンドメイドで作り上げています。独特の鈍い輝きを放つ彼の作品は使い込む程に味わい深く、更なる輝きを放ってくれます。

 

真鍮を使用した無骨な印象のキーチェーンはデザイン違いで2種類ございます。New York Cityの刻印がひし形のプレートに叩き上げられ、裏側には細かなNAVAJOの伝統的なスタンプをモチーフにしたChain Key Ring-NYCは約49cm。もう一つはドットとダイヤ柄をフックに落とし込んだシンプルなデザインのChain Key Ringは約45cmです。どちらも様々なカルチャーが融合されたLHN JEWELRYを代表する作品です。ハードなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、この鈍く輝く真鍮がとても良い雰囲気ですのでデニムやチノ等にすっと馴染むと思います。そんなに長くは無いですので色々な用途で使って頂けますよ。

 

他にもリング、ブレス、ネックレス等色々と届いておりますのでまたご紹介しますね。

 

 

-Chain Key Ring-NYC

 

Handmade In USA

 

¥13800+TAX

 

 

 

-Chain Key Ring

 

Handmade In USA

 

¥12800+TAX

 

 

 

夏にデザイナーLewisに会いに行って来ました。

 

ブルックリンサウスに位置するレッドフックは割と新しく開発された街らしく綺麗な建物が多く立ち並び、ブルックリン地区の中でも何だかゆったりとした時間が流れ、喧騒を一切感じないとても落ち着いた場所。そんな場所に建つ古びたアパートの一角、作品同様にクラッシックな雰囲気漂うアトリエで一つ一つ丁寧に作られています。生真面目な職人気質を感じるイギリス出身のLewisだからこその作品でもあり、他とは異なる独特のモチーフが面白いブランドです。実は来春夏用にオーダーして作ってもらったのですが、少しばかり早く届いちゃいました。是非手に取って頂けると嬉しいですね。

 

 

p1020596

 

p1020578

 

p1020579

 

p1020580

 

p1020581

 

p1020583

 

p1020584

 

p1020585

 

p1020586

 

p1020587

 

dsc_3185

 

 

2016/12/17
Other

Lodge Cuff

img_4093

 

img_4127

 

img_4138

 

img_4134

 

img_4113

 

img_4167

 

img_4150

 

img_4111

 

 

 

こちらもAnnexでは新しくお取り扱いするモデル、Lodge Cuff。

 

ハイポリッシュで仕上げられつるんとした丸みのあるボディが可愛いモデルです。上品な光沢感があり女性らしいデザインで1つでも重ね付けにもお勧めですよ。1つ1つ丁寧に手作業されておりSTUDEBAKERとPITTSBURGHの刻印のアメリカンな雰囲気が良いですね。飽きの来ないデザインでスタイル、季節問わずお使い頂けます。是非お試し下さいませ。

 

 

 

-Lodge Cuff

 

Handmade In USA

 

¥12000+TAX

 

2016/12/16
Other

TORQUE

img_3969

 

img_3976

 

img_3791

 

img_3770

 

img_3900

 

img_3917

 

img_3930

 

img_3934

 

img_3719

 

 

 

アメリカ、ピッツバーグのジュエリーブランドSTUDEBAKER METALSより新しいコレクションが届いております。

 

首に引っ掛けるタイプのTORQUE。インパクトがあり華奢な雰囲気の中に感じさせられる無骨さが一目惚れでした。STUDEBAKERならではの技法を用いハンマーで叩き上げられた凹凸は光の加減で素敵な表情を作ってくれます。この時期はニットの出番が多くなりチェーンのネックレスだと引っかかってしまったり、ニットのボリュームと釣り合わなかったりしますがこの存在感ならお洋服も季節も問わず活躍してくれますね。まだまだ先の話になってしまいますが夏はシンプルにTシャツと合わせたいなと想像の膨らむアイテムです。首元でガラッと印象を変えてくれますので是非アクセントに楽しんで頂けたらと思います。

 

BrassとSilverの展開です。

 

 

 

-Torque/Silver

 

Handmade In USA

 

¥23000+TAX

 

 

 

-Torque/Brass

 

Handmade In USA

 

¥14000+TAX

 

2016/12/16
Johnstons

Cashmere Glove

img_4046

 

img_4055

 

img_4053

 

img_4085

 

img_4083

 

img_4059

 

img_4071

 

img_3838

 

 

 

Johnstonsの隠れた名作と言えばこのニットグローブでしょう。

 

ストールやマフラーよりも気軽にJohnstonsのカシミアの素晴らしさを体感出来るアイテムです。グッと気温も冷え込み、冷たい風が少し痛くも感じるこんな季節はご自身用に、プレゼント用に、多くの方にお勧めしたい手袋です。リブのホールド感も心地良く、しっとりとしたJohnstons特有の暖かく柔らかな手触りを楽しんで頂けたらと思います。デザインもシンプルな分、年齢、性別問わずご愛用頂けますよ。今季はDriftwoodとBlackの2色をセレクトしています。少し華奢なデザインがお好きな方はAnnexで展開しているレディースのモデルが良いですね。是非お試し下さい。

 

 

-Cashmere Glove

 

Made In Scotland

 

¥8000+TAX

2016/12/15
EDGEVALE

Keep On Ramblin Hat

img_3542

 

img_3526

 

img_3498

 

img_3473

 

img_3494

 

img_3505

 

img_3485

 

 

 

カリフォルニア、オークランド発のEDGEVALEからデリバリーされたKeep On Ramblin Hat。

 

定番アイテムとして以前NavyとHennaカラーを展開していましたので既にお持ちの方も多いかと思います。初めてEDGEVALEを訪れた際にサンプルで使い込まれクタっと少し疲れた表情で並んでいたRamblin Hatがとても印象深く、私自身も季節問わず愛用しているお気に入りのキャップです。今回はOlimpicoのExclusiveとして別注カラーで生産して頂きました。デザイナーTonyとも配色を相談しながらアメリカらしさや、アウトドアらしさ、使い込んだ後の表情が出る様にとオーダーしています。グレーベージュの様な淡いストーンカラーをベースに、イエローとネイビーのロゴパッチで統一感を出した配色です。彼からもお墨付きを頂いたお気に入りがまた一つ増えました。

 

9ozのベッドフォード素材を用いた5パネル仕様のコーデュロイキャップ。クラッシックな印象を感じさせてくれる細畝のコーデュロイ素材がとても新鮮ですし、大好きな素材の一つです。使い込む程に独特の風合いを楽しんで頂けますよ。やや深さのある被りやすいベーシックなデザインもご好評頂いてます。フロントにはRamblinのロゴパッチが縫い付けられ、バックのスナップでアジャスト可能です。男女問わず通年でご愛用頂けますのでお試し頂けたらと思います。

 

 

 

-Keep On Ramblin Hat

 

Made In USA

 

¥6800+TAX

2016/12/15
Johnstons

Cashmere Cap

img_3587

 

img_3623

 

img_3652

 

img_3655

 

img_3664

 

img_3427

 

img_3440

 

img_3460

 

img_3463

 

 

 

急に冷え込んできましたので頭の防寒も欠かせないですね。Johnstonsのカシミアニットキャップはふんわりとした編み立てにしっとりとした優しい肌触り。きめ細かく丁寧に編み上げられておりじんわりと温めてくれますよ。Johnstonsらしくシンプルで洗練された浅めのフィットは上品な印象ですが案外馴染んでくれるものです。ちょっと控えめで大人っぽい雰囲気も良いですね。男性女性問わずご愛用頂けますのでギフトにも喜んで頂けるアイテムですよ。

 

Swnsdown(Natural)とBlackの2色で展開しております。

 

 

 

-Cashmere Cap

 

Made In Scotland

 

¥14000+TAX

 

 

 

img_3679

2016/12/13
Other

Torre Expedition Goose Down Parka

img_3158

 

img_3143

 

img_3105

 

img_3055

 

img_3033

 

img_3026

 

img_3036

 

img_3102

 

img_3169

 

img_3200

 

img_3253

 

img_3232

 

img_3275

 

img_3285

 

 

 

カナダ北部やグリーンランドに住むエスキモーの言語で雪や氷河で覆われた尖った岩を意味するnunatak(ヌナタク)。約20年に渡る山岳ガイドでの経験を活かし広大な自然に囲まれたアメリカ、ユタ州にて生産される1999年創業のダウンメーカーです。素材、パーツ選びから生地のカッティング、縫製は勿論の事、コップでのダウンの軽量や手作業によるダウンの封入に至る全ての工程をデザイナーJan Nikolajsenたった1人で行っています。寝袋などに用いる独自開発された手間隙掛かるボックス構造を採用する事により従来のダウンジャケットよりも保温性を高めています。自然と共存し豊かな環境下でゆっくりと丁寧に作られるクラフトマンシップ溢れたダウンメーカーは昨今存在しません。ファッションとは無縁な独自に進化を積み重ね完成されたハイレベルな究極のダウンメーカーです。

 

900フィルパワー以上のホワイトグースダウンのみ使用したTorre Expedition Goose Down Parka。nunatakが生産するダウンジャケットの中でも最高峰のレベルに位置しヒマラヤ山脈の登頂にも対応する至極の1枚です。使用されているホワイトグースを実際手に取ったのですが純白と言う言葉がぴったりな真っ白でとげとげしさのない形もとても綺麗でした。ふわふわと言う表現も出来ないぐらいに軽さも全く感じない程。今回はJanと相談しながら表地にはマットな質感の撥水、防風性にすぐれた超軽量素材EPIC、ライニングには薄く緻密な軽量Taffetaを使用したカスタムメイドで生産して頂きました。吸い付く様な独特の包み込まれる着心地は他のダウンジャケットと大きく異なります。軽量且つ抜群の暖かさは何にも替え難い1枚ですね。フードは取り外し可能なデタッチャブル、フロントはダブルジップ仕様。水や冷気が直接当たらない様にシリコンナイロンのテープがジップ横に施しています。大きめの両サイドポケット、左右対称のインナーポケットを4つ完備。スナップボタンやドローコード、テープカラー等の細かなディテールまで色々とアレンジしています。着丈のコンパクトなアメリカのアウトドアダウンを象徴するクラシックなボリュームあるシルエット。決してスマートでは無いギアとしての役割を果たす男心惹かれる究極のダウンジャケットです。プライスもそこそこして気が引けてしまうかもしれませんが是非一度試してみて下さいね。

 

 

-Torre Expedition Goose Down Parka

 

Handmade In USA

 

¥158000+TAX

 

 

 

夏に別のブランドとのミーティングでユタに行ったのですが、残念ながらJanとは都合が合わず生産しているアトリエには伺えませんでした。作っているところ送ってとお願いした少しだけの写真ですが一つ一つ丁寧に作られるハンドメイドの温もりが画を越えて伝わって来ます。インポート、ドメス問わずダウンブランドは沢山ございます。高品質な物も沢山、沢山ございます。しかしnunatakの様に「売れる物を作る」のではなく「着たい物を作る」こんな心意気を感じ取れるブランドは正直御座いません。お店も同様に「売れる物をセレクトする」のではなく「着たい物をセレクトする」常にそうでありたいと思っています。それは昨今のセレクトショップが失いつつある大きな事ですし、今一度原点に立ち返らせてくれるんじゃないかと、このどっしりと構えているnunatakのダウンを眺めながら想いを込めています。

 

 

down4

 

dsc04756

 

dsc04760

 

dsc04755

 

dsc04759

 

dsc04757

 

down2

 

down3

 

down

 

img_0981-2

2016/12/12
Left Field

Sweat Pants

img_2691

 

img_2790

 

img_2609

 

img_2625

 

img_2757

 

img_2746

 

img_2753

 

img_2761

 

img_2767

 

img_2774

 

img_2735

 

 

 

夏にLeft Fieldのデザイナー、クリスティアンに会った時にこのロール買ったぞ、良い生地だろ、とスウェット地の大きな大きな塊を見せて頂きました。その時はこれから何を作るか考えているって言っていた物がスウェットパンツになってOlimpicoに届きました。大体予想はしていましたが・・・。

 

18ozのフレンチループテリー素材を用いたLeft Fieldのスウェットパンツ。微かに毛羽立ちのあるグレーの杢調に編み立てられたリングスパンコットンはふっくらと柔らかく癖になってしまう穿き心地が特徴です。以前展開していたIndigo Sweat Pantsよりもすっきりと細くしておりますが、余分な隙間も無い分、素材の心地良さが肌にとても伝わってきます。生地の伸縮性も高く、ストレスの無い穿き心地ですよ。元々は50′s ChampionのSweat Pantsをベースにしていますが、Left Fieldらしく穿き心地の良さやディテールのアレンジを利かせ、すっきりとした現代的な細めのシルエットに仕上げています。ウエスト、裾はリブ仕様、ジャージ素材のサイドポケット付きとシンプルなデザインです。ウエスト、腿周りはフィットしますが、直ぐに馴染が出てきますのでジャストを選ばれた方が良いかなと思います。ざっくりS(28-30インチ)、M(30-32インチ)ぐらいの目安としてお考え頂けたら大丈夫です。

 

グレーのスウェットパンツの使い易さは言うまでもございませんね。そんなに沢山生産していない様ですし、お店でも週末は大変ご好評頂きましたのでお好きな方はお早めが良さそうですよ。

 

 

 

-Sweat Pants

 

Made In USA

 

¥13800+TAX

2016/12/09
Other

2016 Winter

img_2362

 

img_2310

 

img_2339

 

img_2375

 

img_2330

 

img_2316

 

 

 

12月も中旬に差し掛かりそろそろ入荷も一段落と落ち着いて来たかなと思っていましたが、色々補充したり、早くも来春夏オーダー分が届いたりと充実した店内になっております・・・まだまだ止まりません。少しずつご紹介していきますね。

 

まずは店頭で。週末のご来店お待ちしております。

Shop Info

Olimpico
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通3-27-1F
Tel/Fax 052-734-8470
平日12:00 - 21:00 水曜定休
土日祝11:00 - 19:00
11:00 - 19:00 日曜日
Annex
〒464-0807
愛知県名古屋市千種区東山通3-27-2-1F
Tel 052-753-8336
平日11:30 - 19:00 火曜・水曜定休
土日祝11:00 - 19:00